Author Archives: firstuser

ETCカードの使い方

by ,

ETCカードは車両にETC車載器を装着、ETCカードを読取機に差し込んでおく事で使う事が出来ます。

料金所の前にカード装着の有無を知らせるライトなどもありますので、車両に付いているか確認をする事も出来ます。

また読み取り不良である場合などもありますので、料金所に行く前に装着確認のライトがある場合はチェックしておきましょう。

ETCカードが読み取り機器から外れていた場合、料金所のバーが開かない事になりますので、衝突事故を起こしてしまいます。

ETCカードは高速道路の料金自体割安になりますし、カードのポイント、ETCマイレージポイントと高速道路を割安に活用する為には必須のカードです。

本来高速道路は設置代金の回収が終わった後は無料になる予定で作られたのですが、現実的には維持費用も必要ですので、必ず費用がかかります。

高速道路を年に数回でも利用する場合は割安になる事も踏まえ、無料のETCカードは作成しておきましょう。

ETC車載器に関しても高額な機器もありますが、かなり安価なタイプも販売されるようになりましたので、設置しやすいです。

注意としてETCカードはクレジットカード同様に申し込みをしても審査などがありますので、自宅到着まで一定以上は時間が必要です。

その為車を購入時に高速道路の走行予定もある場合、機器も購入、装着しておいた方が良いでしょう。

設置は個人でも可能ですが、購入店舗で依頼をする事も出来ます。

高速道路を活用するには必須アイテムですし、クレジットカードへの機能付与は依頼する事で簡単にやってもらえますので、前もって依頼しておきましょう。

ETCカードのメリット

by ,

ETCカードのメリットは有料道路を走行時に料金所で一時停止をしなくて良い点です。

通常は料金支払い時に料金所で停車、支払いをしなければいけませんがETCレーンを使う場合低速で通り過ぎれば料金の支払いが自動でされます。

その為ETCは渋滞の緩和や二酸化炭素削減効果も期待され作成されたシステムです。

ETCカードを使用する為にはETC車載器など専用の機器が必要なのですが、この機器に関しては一時期政府の補助金が入った事もあり、非常に安価に装着可能となりました。

購入した店舗によっては取り付けまで行ってくれますので、即装着してもらいましょう。

またもう一つのメリットとして基本機能がクレジットカードですので、ポイント還元率が高いカードであればあるほど、ポイントとしてキャシュバックされる事になりますし、ETCマイレージに登録する事でさらにお得になります。

通勤や勤務中の移動などで有料道路を日常的に活用する場合はETCカードを作っておきましょう。

逆に有料道路を全く使わない場合は車載器の費用を考慮すると、赤字になってしまいますのでETCカードは作らなくても良い事になります。

ただETCカードを使用し高速道路を使う場合料金が割引もされます。

車載器の費用が安価であったり、購入時にETC車載器が搭載されている場合は年会費無料のETCカードを作っておくと便利です。

カード自体は作成料など無料のカードも多いですので、一応作成、機能を付与しておく、それだけでも良いかもしれません。

デメリットとしてクレジットカードを車内に残してしまいやすくなりますので、車から降りる際は必ず機器から外す習慣をつけておきましょう。

上司が持っているETCカード

by ,

私がETCカードの購入を検討していた時に候補にあがったカードは、航空会社系のカードで、新規入会特典としてマイルがもらえるという特典がありました。

そんなところでも惹かれましたね(笑)
仕事柄国内の出張も多く、そのたびにマイルが貯まるので貯めたマイルで旅行したり、自分のライフスタイルにとてもあっていると思います。

また、ゴルフも趣味なのでコース場まで高速道路を使ったり、ふだんのゴルフの練習でも車を使います。

先日職場の上司とゴルフに行った時、ちょうど高速道路とETCカードの話題になりました。

昔は高速道路の支払いもすべて現金またはチケットだったとか・・・。

出口でそのつどお財布から現金を出し、お釣りが必要な場合はお釣りをもらい、それだけでもかなり時間がかかったのだそうです。

今はETCカードができ、高速道路の利用もとてもスムーズになっそうです。

私は、ETCシステムが出来る前の高速道路事情はわかりませんが、公共機関のシステム化は良いことですね。

上司もETCカードを持っていますが、奥様がよく買い物をするデパートと提携しているタイプのものだそうです。

お金の管理をしている奥様には頭があがらないようですよ(笑)

日系の航空会社のETCカード

by ,

私は、外資系の企業に勤務していて幸いにも部下にも恵まれ充実した日々を送っています。

外資系なので休暇については一般の日本の企業よりはとても取りやすいです。

欧米では、夏休みやサンクスギビング、クリスマスは多い人で1ヶ月もとりますからね。

日本では考えられないことです。

私が海外旅行によく行くようになったのも、長期の休暇が取れることでした。

友人がロンドンに住んでいるので、よくロンドンに行きます。

友人はロンドンの南にあるブライトンという町が好きで、私が友人を訪ねていくと必ず連れて行ってくれます。

日本と同じ左側通行なので、私もトライしてみようと国際免許を取得しドライブしたことがありました。

その時はちょうど友人の車が故障していてレンタカーでドライブしたのです。

その時にETCカードの話になりました。

私がふだん使っているのが大手航空会社のETCカードで、使った分マイレージ加算されていくという話をしたら、ロンドンの日系企業で働く人たちもやはり私と同じ航空会社のETCカードを持っている人が多いのだそうです。

彼女は移動する時にあまり日系のキャリアを利用しないのですが、日系のキャリアを利用する人なら、私が持っている航空会社のETCカードはかなりお得だと思います。

直感で選んだ?ETCカード

by ,

普段から海外旅行でいろいろな航空会社を利用していると、合併、統合なども見られます。

特にマイレージカードなどは、航空会社同士提携している系列があり、どんどん統合されて変わっていきます。

今まで貯まったマイレージで3回ほどハワイに利用したことがありましたね。

かなり貯まるものなんです。

3年前に車を購入し、ゴルフで利用するようになってからは、マイレージが貯まるETCカードを利用しています。

最初インターネットでどんなETCカードがいいのか検討したことがありました。

ETCカードを調べるととてもたくさんの種類があり、最後まで慎重に調べることかできませんでした。

なにぶんせっかちな性格なので、念入りに細かく詳細までチェックするのが途中で嫌になってしまったのです(笑)
また、洋服や大きな買い物をする時でも、理論的なものではなく直感で選ぶというパターンの私なので、ETCカードもなんとなく直感で、これだ!と思ったのです。

車もなんかこれは私に合っている、という直感でしたね。

そのそ直感がまた当たるのです。

いいものばかり手に入れているような気がします。

ETCカードも高速道路の料金だけでなくショッピングでの利用もマイレージに加算されるのでとても便利だと思います。