ETCカードの使い方

by ,

ETCカードは車両にETC車載器を装着、ETCカードを読取機に差し込んでおく事で使う事が出来ます。

料金所の前にカード装着の有無を知らせるライトなどもありますので、車両に付いているか確認をする事も出来ます。

また読み取り不良である場合などもありますので、料金所に行く前に装着確認のライトがある場合はチェックしておきましょう。

ETCカードが読み取り機器から外れていた場合、料金所のバーが開かない事になりますので、衝突事故を起こしてしまいます。

ETCカードは高速道路の料金自体割安になりますし、カードのポイント、ETCマイレージポイントと高速道路を割安に活用する為には必須のカードです。

本来高速道路は設置代金の回収が終わった後は無料になる予定で作られたのですが、現実的には維持費用も必要ですので、必ず費用がかかります。

高速道路を年に数回でも利用する場合は割安になる事も踏まえ、無料のETCカードは作成しておきましょう。

ETC車載器に関しても高額な機器もありますが、かなり安価なタイプも販売されるようになりましたので、設置しやすいです。

注意としてETCカードはクレジットカード同様に申し込みをしても審査などがありますので、自宅到着まで一定以上は時間が必要です。

その為車を購入時に高速道路の走行予定もある場合、機器も購入、装着しておいた方が良いでしょう。

設置は個人でも可能ですが、購入店舗で依頼をする事も出来ます。

高速道路を活用するには必須アイテムですし、クレジットカードへの機能付与は依頼する事で簡単にやってもらえますので、前もって依頼しておきましょう。