ETCカードのメリット

by ,

ETCカードのメリットは有料道路を走行時に料金所で一時停止をしなくて良い点です。

通常は料金支払い時に料金所で停車、支払いをしなければいけませんがETCレーンを使う場合低速で通り過ぎれば料金の支払いが自動でされます。

その為ETCは渋滞の緩和や二酸化炭素削減効果も期待され作成されたシステムです。

ETCカードを使用する為にはETC車載器など専用の機器が必要なのですが、この機器に関しては一時期政府の補助金が入った事もあり、非常に安価に装着可能となりました。

購入した店舗によっては取り付けまで行ってくれますので、即装着してもらいましょう。

またもう一つのメリットとして基本機能がクレジットカードですので、ポイント還元率が高いカードであればあるほど、ポイントとしてキャシュバックされる事になりますし、ETCマイレージに登録する事でさらにお得になります。

通勤や勤務中の移動などで有料道路を日常的に活用する場合はETCカードを作っておきましょう。

逆に有料道路を全く使わない場合は車載器の費用を考慮すると、赤字になってしまいますのでETCカードは作らなくても良い事になります。

ただETCカードを使用し高速道路を使う場合料金が割引もされます。

車載器の費用が安価であったり、購入時にETC車載器が搭載されている場合は年会費無料のETCカードを作っておくと便利です。

カード自体は作成料など無料のカードも多いですので、一応作成、機能を付与しておく、それだけでも良いかもしれません。

デメリットとしてクレジットカードを車内に残してしまいやすくなりますので、車から降りる際は必ず機器から外す習慣をつけておきましょう。